企画女優から始まる | av業界の募集を見て、あなたも人生を変えるチャンスをつかもう
menu

企画女優から始まる

黒い服を着ている女性

これからAV女優としてめでたくデビューする際には、ほとんどの人が企画女優としてデビューを飾ることになるでしょう。
実は同じAV女優でも、企画女優と単体女優の2種類があります。
どちらもAV女優に変わりありませんが、実はかなり大きな違いがあるので詳しく紹介していきたいと思います。

まず多くの人が企画女優という形でAV業界に入ることになりますが、企画女優というのは要するに単体女優の周りで活躍するサブ女優です。
そのためどんな作品に出ることになったとしても、その作品で主人公を演じるようなことはありません。
だから企画女優はいつでも作品内でわき役になるわけです。

一方単体女優というのは、どんな作品に出ることになったとしても常に作品の中心人物という扱いになります。
よって単体女優になることができれば、あなたは主人公になれるわけです。

じゃあどっちがいいのか?というと、もちろん単体女優の方がいいのは間違いありません。
その理由は、単体女優の方が圧倒的にお金を稼ぎやすくなっているからです。
だからAV業界で今後ずっと活躍するつもりだったら、あなたも企画女優ではなく単体女優として活動することを意識しましょう。

ちなみに企画女優と単体女優ではどれくらい収入に差が出るのか?
まず1本出演するごとに収入が発生するわけですが、企画女優の場合は1回で数万円が相場となります。
仕事は1日で終わるのでこれでも十分に高いといえますが、単体女優の場合はもっともらえるようになっています。
その金額は、ずばり100万円以上です。
たった1日で100万円以上ものお金を、単体女優の場合は稼げるようになるのです。
これはかなり大きい差ですよね。